カテゴリ:石川県 観光( 7 )

基本的に兼六園は朝の5時から7時までのあいだは無料だ。
しかし料金などたかが300円程度だから無料が魅力なのではない。
人がいないから魅力なのだ。

e0065456_21324281.jpg


満員電車のなかのような状態で兼六園内を歩き回っても楽しくもあるまい。
朝の6時は人がいないので非常に心が落ちつく。
この時間帯の兼六園は、ジョギングしているジジイしかいない。
石川県知事も早朝の兼六園を散歩するのを日課としているらしい。
いずれにせよ、ジジイたちしかいない。
e0065456_21341915.jpg


ゆっくりと日の出をみながら兼六園を散歩するのもいい。
開園前の早朝の兼六園は別世界だ。
e0065456_2140840.jpg

[PR]
聖域の岬。そこは奥能登のゴールと言って良い地点だ。
まずは珠洲へ。
最果ての地である。右を向いても左を向いても海。
e0065456_2105236.jpg


聖域の岬
たぶん道に迷う人が多いと思われる。
驚くことにバスがここまでやってくる。無茶だと思う。
そもそも道と呼べる道ではないじゃないか。
いつか事故が起きそうだ。
ちなみに奥能登はナビなんて役にたたないぞ。
(特にナビを信じて道に迷う場所は皆月だろうな・・)
秘境みたいなものだ。
e0065456_219586.jpg


じつはこの岬に幻の旅館と言われるランプの宿がある。
人気がありすぎて予約はまず不可能と言われる場所だ。
車では旅館まで近寄れない。あきらめて歩け。
行き止まりのような道を進んでいくので非常にマニアックだ。
下の写真で2人が歩いている姿が見えるだろ?そこを下って行くのだ。
車から離れるときは、動物に気をつけろ。
いろいろな動物と遭遇する可能性がある。
e0065456_21141354.jpg

[PR]
石川県、奥能登、千枚田へ行ってきた。
ここは駐車場が狭い。
よってもし観光客が石川県の名所:千枚田を訪れたいならば
朝の9時前までに訪れるように。
さすれば駐車場に車を駐車できる。
e0065456_20114710.jpg


千枚田の景観の魅力は海と密接な関係がある。
海があるから千枚田は千枚田たりえるのだ。
反対に海がなかったらその魅力は10分の1以下だろう。
e0065456_20203650.jpg


海と空の境界線がわかるだろうか?
e0065456_20295692.jpg

上の写真で、左上の物体は船である。
つまりこの地点は、空ではなく、まだ海なのだ。
ここを車で通過するときの景観は、おそらく日本で一番素晴らしい。

石川県の魅力は兼六園のみあらず。
奥能登こそ石川県の最大の魅力なのだ。
しかし、環境客が電車やバスでここを訪れるのは多少難がある。
箱根や京都のように交通網が整っているわけではないからだ。
金沢駅でレンタルカーを借りて奥能登へ行くしかない。
まるで海の中をドライブしているような感覚になるのは
日本広しとはいえ、奥能登しかあるまい。
e0065456_2038514.jpg

[PR]
鈴木大拙館 

金沢へ旅行するならば
兼六園
鈴木大拙館
21世紀美術館
この3つは外せない。

これが石川県が誇る・・いや日本が誇る水鏡の庭である。
壁が、木が、そして建物が鏡のように水面に浮かび上がる美しさよ。
e0065456_19505350.jpg


鈴木大拙館のコンセプトは「無」である。行けばその意味が分る。
言葉では説明できない。実感することで理解できる真実なのだ。
1人旅もOK。むしろ1人で来て貰ったほうが鈴木の哲学を実感できるかもしれない。
e0065456_19511698.jpg



「生」とは何か?「静」とは何か?
もし、人生に疲れたならば、一度、ここを訪れてもらいたい。
何もかも捨て去る気持ちでここを訪れると、何かヒントを貰える。
e0065456_19575413.jpg


水面には意味がある。表裏は一体である。
石川県は都会とはもちろん違う。静寂に包まれた空間だ。
目に見えるものだけを追いかけて神経をすり減らしている現代人よ。
足元を眺めてみよ。そこに同じモノが見えないだろうか?

e0065456_2051570.jpg

[PR]
私の住む石川県は全国でも、上位10本の指にはいるほど図書館の数が多いらしいです。
(おそらく50ほどの数がある)

ちなみにわたしの自宅から車で30分以内の範囲にある図書館の数はおそらく8件。
このうち、私が利用している図書館は3つ。
週末になると、3つの図書館をはしごすることが多い
本来は図書館の端末機で予約すれば図書館めぐりなどしなくても良いのですが
昔からの習慣で、すぐ近場の図書館に足を運んでしまう。
図書館はわたしの「居場所」だと言って良い。


そんな我が地域にまた新たな図書館ができた。(税金の無駄遣いかも)
近未来的な図書館です。
e0065456_22593931.jpg


特徴は見て分かるように窓です。美術館のような雰囲気です。
デザイン重視のためか、多少暗かった。
e0065456_232446.jpg


下の写真は本を読むスペース。なにか落ち着かない。慣れが必要かも。
ここで勉強はできない。勉強場所は最上階です。
e0065456_2353334.jpg


この階段を上がって上に行く。最上階は絶景です。勉強に集中できないかも。
e0065456_23771.jpg


ここが勉強スペース。私は去年から今年にかけて1000時間も勉強した。ふっふふ。
(その割には毎年不合格になっているのだが。。。)
しかもクーラーはかなり効いていた。結構広い。50人ぐらい勉強できると思う。
e0065456_010171.jpg


外からみたらこんな感じ。図書館とは思えない。
オウムのサティアンかよ。
e0065456_231816.jpg


図書館の入り口はこんな感じ。まるでホテル。税金がもったいない。
ちなみにこの図書館の写真撮影は許可証が必要。
本を借りるよりも撮影目的で訪れる観光客も多いらしい。
e0065456_2318268.jpg



下の写真は世界の最も美しい公共図書館25館の1つ。どっかの外国の図書館です。
(わたしの町にできた図書館は、この世界25位の中にランキングしたそうです)
美しい、しかし、何のための図書館なのかもっと考えてもらいたいですね。
e0065456_23505517.jpg

[PR]
美しすぎる海辺のバス停。
e0065456_20393729.jpg


日本で最も美しいドライブコース。それが奥能登。
e0065456_20395410.jpg


青い海と青い自転車。感動したので思わず撮りました
e0065456_20401842.jpg

[PR]
今年も恒例の能登ドライブにふらりと行って来てた。最果ての地である。

その能登の里山里海が世界農業遺産に認定されたらしい。
これはけっこうタイヘン栄誉があるものらしい。先進国では初めての快挙だ。
すなわち、能登は日本離れした原始的な風景をいまだに残しているということである。

たしかに能登はふつうじゃない。あそこは秘境だ。この世の果てだ。
ただし、私がイメージする能登とは「奥能登」のことである。
今回、受賞した「能登」の範囲は、羽咋市以北だ。

ちなみに羽咋とは下の地図の場所だ。羽咋より上が受賞した地域だ。
e0065456_20133272.jpg

もちろん、羽咋付近は、私の好きな奥能登ではない。
奥能登(おくのと)は、能登半島の最北部(最奥部)のこと。
行政区域は珠洲市、輪島市、鳳珠郡(能登町、穴水町)だ。

ちなみに能登半島の南部を口能登(くちのと)、中部を中能登(なかのと)と呼ぶらしい。
いずれにせよ、奥能登以外は、単なる日本だ。どこにでもある風景だ。
奥能登だけが日本離れしている。この世の終末だ。
車でまわることができる野外美術館だ。だから好きだ。

自殺の名所、ヤセの断崖。「ゼロの焦点」の舞台となった場所。
e0065456_20171936.jpg

数年前に訪れたが、とにかく横殴りに風が異常なくらいに強かった。
あの横風は、おそらく私を海へ突き落とそうという意図があったに違いない。
e0065456_2112466.jpg
このへんから徐々に不気味で神聖な「奥能登」に近づいてくる、しかし決して奥能登ではない。
ここは輪島の手前だ。輪島を過ぎてから奥能登だと考える。
だけど、ヤセの断崖あたりから、奥能登の漆黒の美しさが垣間見ることができる。

奥能登手前の海沿いのバス停。このバス停すら1つの美術品だ。奥能登は近い。
e0065456_2033565.jpg


奥能登突入。有名な千枚田。これが世界農業遺産受賞の決め手になったかも。
右のほうに移動する車が見えるだろうか?そこが道路になっている。
じつはここを右折してさらにいくと、悲鳴をあげたくなるほど美しい景観があるが
車を停める場所がないので、写真を撮ることができない。
e0065456_20273089.jpg


夜の千枚田。ちょっとライトアップ。夜中にここでエンストを起したらイヤだろうな・・
JAFのお兄さんだって来るのがイヤだろうな・・・海が怖すぎる。まるでホラー。
e0065456_20353324.jpg


奥能登の宿泊場所で有名なのはランプの宿。まさに日本最果ての地。
お金を出せばすぐに宿泊できるという場所ではけっしてない。運のみ。
ホラー映画の舞台にもなりえる。仕事に落ち込んだときに是非。
e0065456_204056.jpg

ランプの宿。露天風呂。奥能登は存在じたいが美術館だ。
e0065456_20481319.jpg


かつてある芥川賞作家が、この地域を旅行し、海面の光を見て、「人を死に誘う」
と言ったことがある。たしかに奥能登は不気味だ。しかし美しい。
断崖を突き抜ける極寒の強風
敵意を持った冷たい日本海、
漆黒の闇夜から聞こえてくるさざなみの唄
風光明媚な孤高の漁村
奥能登へ行くと誰もが詩人になってしまう。まさに文学的な場所なのです。
[PR]