カテゴリ:-----------( 6 )

e0065456_22171260.jpg


前回、白鵬に対する稀勢の里の立ち合いの狡さについて投稿し
多くの人々から賛否両論の意見をいただいた。
大抵の方々の意見は、私の意見に賛同をいただいたことに感謝したい。

我々相撲ファンは稀勢の里が嫌いではない。

しかし、彼が横綱に対し、あまりにも無礼な立ち合いが多いために
そのことを指摘させて頂いたしだいである。
それは今場所も改善されなかった。我々はそれが残念でならないのだ。

実力で負けたならば横綱はこんな悔しい顔はしない。
稀勢の里の立ち合いの狡さにまたもや出し抜かれた横綱。
毎場所、両者の対戦は、立ち合いで子供じみた小競り合いを演じている。
e0065456_22222355.jpg


実は横綱との立ち合いで手をついて待たない力士は稀勢の里1人しかいない。
そしてそれが許される風潮、誰も注意しようとしない風潮、
この風潮こそが今の大相撲が礼儀を欠いている元凶なのだ。


たしかに稀勢の里は白鵬キラーだろう。

なぜならば、立ち合いで、「特典」を得ているからだ。
横綱がこんな無様な立ち合いを強いられるのは稀勢の里との一番しかない。

しかしである。稀勢の里の対戦相手が琴奨菊になるとどうなるか?
今度は稀勢の里は立ち合いのハンデをもらえないらしい。
琴奨菊は稀勢の里との対戦では、意地でも最初に手をつかず
必ず、稀勢の里に手をつかせている。


(相性が悪いのではない、単純に琴奨菊よりも実力が下回っているのだ。)
e0065456_2228297.jpg

相撲界の裏事情について我々は知らないが
稀勢の里は横綱からハンデを貰って戦わせてもらえる「特典」があるらしい。
この「特典」は横綱ですら渋々認めざるえない理由があるらしい。
相撲協会の圧力があるのかもしれない。


しかしである。稀勢の里は、他の力士には立ち合いでそのハンデがもらえない。

そもそも稀勢の里は立ち合いで、相手に手をつかせて待たせる形で戦うことに慣れ過ぎている。
そして勝利を得ている。その事実を誰も気が付かない。

横綱が稀勢の里相手にいつも不利な立ち合いをあえて強いられる理由は
日本人待望論という世間の風潮と関係がある。
そして稀勢の里はそれを利用し、立ち合いでハンデをもらい
いつしか横綱キラーと呼ばれるようになった。
しかし、対戦相手が栃煌山や琴奨菊になると、立ち合いで相手に手をついてもらえない。
そうなると並み以下の力士に成り下がるのだ。



稀勢の里がなぜ格下に負けるのか疑問に思っているファンもいると思うが
真相はこの立ち合いにあるのだ。

相撲ファンとして、我々は稀勢の里に一言言いたい。

強くなりたいならば、立ち合いで自ら手を降ろして勝つ方法を覚えろ。

卑怯な立ち合いでその場しのぎの勝利を手に入れてファンにぬか喜びをさせるものではない。

(見慣れすぎた表情。メンタル面の弱さは生まれ変われないと改善されないか?)
e0065456_22303196.jpg


我々は稀勢の里に期待しているからこそ、彼の卑劣な立ち合いについてあえて忠告するものである。

稀勢の里よ
横綱に対し、無礼な立ち合いを繰り返し、横綱キラーと呼ばれて本当に満足なのか?

本当に強くなりたいなら横綱に対する立ち合いを覚えろ。
スタートはそこからだ。

さて、今場所の稀勢の里は例の「特典」を利用し
またもや卑劣な立ち合いで横綱から白星を得たが
「特典」がもらえない力士にはあっけなく敗れる失態を演じた。

これでも来場所は綱取りが続いていると言われている。
すなわち優勝すれば横綱昇進らしい。
これだけの「恩恵」を得ているのだから
日本人横綱待望論を願う頭の弱い大相撲ファンのためにも是非頑張ってもらいたい。
我々も改心した稀勢の里ならば、無条件で応援したい。
がんばれ。稀勢の里。
[PR]
by _hanako311 | 2013-07-21 22:33 | -----------
突然ですがネトウヨについて語りたい。
私は彼らを否定はしませんし肯定もしません。
ただ、社会現象にもなったネトウヨ現象は、純小説のテーマにもなりえると思います。
e0065456_21332764.png

ネトウヨとはネット右翼を略した言葉です。
ここで質問。ネット右翼と通常の右翼の違いを述べよ。
(リアル右翼とネット右翼は明らかに違うが、説明できる人は何人いる?)
e0065456_21514292.jpg


こういう質問をすると
ネトウヨとは、
右翼の真似をしたニート
負け組
不満抱えた集団
と解答する人がいるかもしれません。
それは事実であるのと同時に本質ではありません。
それを今から説明致します。
(マスコミは釣り師。ネトウヨは魚)
e0065456_2134571.png


たとえば右翼は多少なりとも愛国心がある。少なくとも「日本」の知識がある。
それに対してネトウヨは「日本」という国には興味がない。
もしくは日本という国に興味があるふりをしている。
しかも彼らは天皇に対する知識がないと断言しておきます。
ここまでは誰もが知っている「事実」ですね。

ではなぜネトウヨは右翼と称されるのか?

それは中国や韓国などを憎むからです。そこだけが右翼と共通する点なのです。
彼らは今、韓国叩きで熱中していますが、沖縄問題になれば標的はアメリカになり、
北方領土ではロシアになる。誤解を恐れずに言うならば、
ネトウヨたちは、尖閣諸島や竹島、北方領土に愛着はありません。
実は彼らの本音は、領土などどうでも良いと思っているのです。
欲しいのは口実です。中国を憎む口実、韓国を憎む口実。
ネトウヨの目的は愛国心ではない。憎むことそのものなのだ。

しかし、ネトウヨたちは、外国人を憎いから憎んでいるのではない。

じつはネトウヨたちは、実社会では、たとえば、中国人の陳さんや韓国人のホンさんと出会えば
礼儀正しく挨拶をするおとなしい青年たちなのだ。
e0065456_1950629.jpg



それなのにネトウヨは「ある理由」から匿名ネット社会では別人になるのだ。
どうしても中国や韓国を憎まなくてはいけない理由がある。
(ネトウヨは以下のような文章を好んで書く特徴がある)
e0065456_21373559.png

ではここから一番大切な本題に入ります。

なぜネトウヨは愛国心がないのに仮想の敵を作り上げて憎もうとするのか?

しかも一番不思議なのは、
本当は憎んでいないのになぜ憎もうとするのか?


その理由はキリスト教の信者を思い浮かべてください。
e0065456_2072535.jpg



ネトウヨ会に入会することは、宗教に身を置く信者とまったく同じなのです。
宗教というのはみんなが共通の神様を愛することによって価値観を共有することができ
それが個人の孤独を解消させることができると思われている。
孤独な現代人が宗教に走るのはそれが1つの要因でしょう。
しかしである。
みんなが同じ神様を愛するよりも、みんなが同じサタンを憎むほうが
より強い連帯感を味わうことができる。


宗教の本質は「排除」です。


戦争と宗教は表裏一体なのです。「敵」が存在しない宗教などありえない。
必ず宗教は、仮想の敵を自ら作り上げ、組織力を強固なものにしようとする。
この人間心理を利用したのがヒトラーでした。
ここがネトウヨを理解するうえで非常に重要な要素であることを理解してください。
(ネトウヨが書く代表的な文章例)
e0065456_21462854.png


みんなで同じものを愛するよりも
みんなで同じものを憎む方が仲間意識をより強く感じるものなのです。
そして連帯意識を感じるものなのです。さらに高揚を感じるものなのです。
しかも孤独はやわらぐものなのです。

ニートである若者も


会社で孤立している窓際族のサラリーマンも


家族から疎まれている孤独な老人も


娘や妻から汚物のように見られている哀れな父親も


結婚をあきらめてペットショップで犬を飼い始めた40歳男も


インターネットを通じて、同じものを憎む作業を通して、仲間意識を持つことができ、
そして孤独から解放されているという事実があるのです。

これこそがネトウヨの正体である。
e0065456_2143121.png

ネトウヨの増加は、、孤独な現代人が、孤独から脱がれる解決手段を
ついに探し当てたことを意味するのです。
(彼らは憎んでいるのではない。連帯感を求めている孤独な人間たちなのだ)

しかし、ネトウヨたちは、現実社会ではネトウヨであることを封印します。
むしろ現実社会でコミニケーション不全だからこそ、彼らは連帯感を求め
夜な夜な、ネトウヨとして徘徊するのです。
私は彼らのコメントを読むだけで涙が出るほど切なくなってきます。
e0065456_22155114.jpg


彼らのコメントには共通点があります。
彼らは決して怒らないのです。
常に笑うのです。
それは嘲笑・あざ笑う、という笑いです。
その笑いを連続して繰り返すことが特徴です。
この心理分析については第二部で説明致します。
しかし私には彼らの笑いが悲鳴に聞こえて仕方ないのです。

そして第三部ではいよいよネトウヨの救済方法について深く追及していきます。乞うご期待を!
[PR]
by _hanako311 | 2012-09-09 21:48 | -----------
日本屈指の景観で有名な五能線に乗りました。
わたしは新潟港(23:30発)から秋田港(5:00着)までフェリーに乗って
秋田駅から青森まで快速しらかみに乗って五能線へ。

五能線とは以下のルートです。地図では短そうだけど実際は5時間かかります。
e0065456_15565243.png


快速しらかみは写真撮影もイベントの1つです。ほかにもいろいろなイベントがあります。
e0065456_21164122.jpg


停車駅でバスケット大会。バスケで有名なところらしい。
e0065456_2117359.jpg



圧巻は美女2人による津軽三味線の演奏。これはもちろん快速しらかみ電車内の様子です。
窓が大きいでしょう??まさに写真を撮るためにあらゆる工夫がされた列車でした。
e0065456_2117403.jpg


しかし海見えたらもう大変です。
18きっぷユーザーだと思われしき乗客たちが写真を撮り始めます。
e0065456_2118786.jpg


まさにここは戦場でした。私は海を撮らず、彼らの生態を観察することに切り替えました。
e0065456_21182395.jpg


しかし、時には写真を獲らず、ゆっくり海を眺めるだけのシーンもあります。
なぜならば・・・五能線はたっぷり5時間もあるからなのです。
前半戦で頑張って写真ばかり撮り続けていると必ず後半戦で息切れします。
私は200分を過ぎたあたりから本当にヘトヘトになりました・・
e0065456_21185429.jpg



五能線の海はエンドレスに続きますのでなにも焦る必要はありません。
しかも車内放送で「ここは絶景だからおすすめの撮影ポイントですよ」
というふうに要所要所で教えてくれるので便利ですよ!
e0065456_21192453.jpg

[PR]
by _hanako311 | 2012-08-15 21:15 | -----------
e0065456_2148585.jpg


生きるのが辛いと思う気ち持と、申し訳ないと思う気持ち

このセリフにいろいろ思うことがありました。



どれだけ辛くても震災で死んでいった人たちや
またはこれから末期がんになって死んでいく人に比べれば─


しかし

たとえば「いじめ」
子供がランドセルを背負っているところを後ろから蹴られたりしたら─

生きるのがツライと思う気持ちはやはり生まれるとおもう


震災。
死にたくなかった人たち。生きたくても死んでしまった人たち
それに対して健康に生きているのに、生きるのがつらい、しんどいとおもう気持ち。

すなわちそれが彼女の「申し訳ないと思う気持ち」なんだと思う─
が、やはり生かされている恩恵を忘れてしまう、生きるのがしんどいと思ってしまう─

人は健康や命を失う危機にさらされないと「恩恵」に気づけない生き物だろうか─
だからジグソウのような人間が必要なのかもしれない。

いろいろな小説を読んできていろいろ理解しているつもりだが
「人間の幸福論」を語るまでにはいまだに到達できないでいる、
[PR]
by _hanako311 | 2012-03-18 22:01 | -----------
自殺問題。自殺などするなと言ってもむりだとおもう。
なぜなら本人も自殺などしたくないはずだからである。
自殺は自分の意志ではないとおもう。

かつて風に当たったら自殺するという映画があった。
インド人監督の映画である。
おそらくそれが自殺の本質かもしれない。
自殺は誰にでもおこりえるハプニングなのです。

鬱になろうとおもって、なる人はいない。
しかし防ごうとしても防げないことが多い。
まるでよけきれない謎の風のように。

そしていつか自分は自分に殺される。

生きてきて、たまにつらいことがある。
いやむしろ生きることは苦しみや悲しみのほうが多い。

今はまだ幸運にも心壊れてはいない人たち。
しかし今後はわからない。
ニュースは若者の自殺ばかりとりあげるが
自殺は長く生きれば生きるほどどんどん増えていくのだ。
鬱になり、食べ物の味がしなくなるかもしれない。
そんなとき、どんな理由が考えられるか?
経済が悪いから、受験社会だから、もしくは小沢一郎のせいか?

だがそんな理由で自殺が増えるという言い分には賛成はできない。

なぜなら北朝鮮やアフリカなどと比べれば日本はましだからだ。
じゃあ日本人は特別に心が弱に民族なのか?
だから1日に100人の人間が自殺するのか?それも違う気がする。

昔の日本は「三丁目の夕日」のように美化されている。
しかしあんな映画は嘘っぱちだ。幻に近いおとぎ話だ。
べつにそれで観客が感動するなら文句は言わない。
しかし、
実際には住む場所もない、食べるものない生活をしているものが多い時代であった。
すなわち
津波被害で家族をなくし仮設で暮らす人々と同じくらい苦しんでいた。
あの時代はよかったというのは嘘なのだ。
戦後は特にひどかった。人々は愛より一杯の水を欲しがった。
まずは生きること、それが優先順位だった。
しかし自殺は多くはない時代だった。

したがって自殺の数の増減は生活の苦しみ度に比例しない。

戦争中に足を地雷で飛ばされて激痛にさいなまされても生きる者。
北朝鮮で餓死寸前の生活でも、生にしがみついて生きる者。
日本のように解雇されて落ち込んで自殺するもの。
これらの不幸度の違いは人間の強さや弱さでは決してない。

決定的に昔と違うことは人は満たされていくことによって
「ない」ものを数えるようになったことだとおもう。

頭が悪いこと、お金がないこと、デブであること、
禿であること、貧乏であること、出世競争で負けたこと
もてないこと、それらのような、ないものを数えはじめた結果、
持っているものを忘れるようになった。

メリルストリープが末期がんで死んでいく母親役を演じた映画、
その娘は母親にたいして殺意に近い憎しみを持っていた。
メリル演じる母親はそんな娘にたいして命をかけてある言葉を残す─
「いま自分がもっているものを愛しなさい」 その言葉に感銘を受ける。

宗教的だが自殺しないためには
自分が受けている恩恵に気が付くことだ。
「そんなものは1つもない、おれは不幸だ」という人はやはり客観性が不足している。

ユダヤ収容所におけるユダヤ人の唯一の幸福は太陽の光をあびる時間を
もらえることであったという。
これは心理学者の本で、かなり「不幸」の本質を考えるのに役立った。

絶対になにかあるのだ。恩恵は。。

危険な風をよけるための秘訣はここにあるのではないかと思っている
だがそれを実行することは限りなく難しい。

なぜなら人は失ってから失ったものの恩恵に気が付くからだ
[PR]
by _hanako311 | 2012-03-09 20:23 | -----------
会社を休んで1人で京都へ行ってきた。
人生に疲れたら紅葉を見るべし。
紅葉評論家と言われている私をもってしても、やはり京都の紅葉は素晴らしい。

それでは毎年恒例の、今年の紅葉ベスト5をお届けしよう。
真面目な私が仕事を休んで撮った写真の中のベストショットである。
まずは定番の東福寺。

(赤いトンネル)
ベスト4
e0065456_19402622.jpg


私の穢れた心が紅葉によって洗い流されていく。
赤のトンネルをくぐるとそこは別世界であった。
(赤の世界)
ベスト3
e0065456_194263.jpg


東福寺の紅葉はよく赤の絨毯と呼ばれることがある。
しかしここまでくると、もはや絨毯とは言えない。
スケールが尋常じゃない。
「赤い」のではなく、「紅い」それはまさに海のごとき幻想的である。
(紅い海原)
ベスト2
e0065456_19453033.jpg


東福寺の受け付けは8時30分である。
もちろん、大行列は覚悟しておけ。仕事を休んで平日に行け。
休日に行こうものならば自分自身が真っ赤な流血に染まることになるぞ。
京都の紅葉を見たいならば、命がけで戦略を立てて行くべし。

プロの私は、朝の5時に京都駅に到着したのだが
朝の5時30分に清水寺へ向かうバス停には、すでに行列ができていた。
しかもその日は平日である。おそるべし京都。
もちろん私はその行列に並んで朝の6時前には清水寺に到着した。
日の出とともに写真撮影を行ったが今回のベストランキングには
惜しくも清水寺の紅葉は含まれていない。

(夜明け前の清水寺)この時間帯に集う連中の大半はプロだと思う。
e0065456_21173055.jpg



大混雑が必死の京都にも穴場がある。
それが常寂光寺だ。

おそらく、大半の観光客の本命が、天龍寺 竹林の道 渡月橋であるために
常寂光寺は、ノーマークになっているのであろう。
道は狭いうえに、人力車と車がかなりウザイから歩くときは気をつけろ。
しかし根気よく歩き続けば、たどり着けるであろう。
(黄金の秘境)
ベスト5
e0065456_19553978.jpg



この鐘が一番素晴らしい。
これを眺めていると、歓喜極まって涙すら出そうになる。
美しい。この世にこんな美しいものが存在していたとは。
われわれ人間の心は汚れきっているのに、かくも自然は美しいのだろうか?
(黄金に囲まれた鐘)
ベスト1
e0065456_2014564.jpg


行き場所は教えるつもりはない。
興味があるなら自分で調べていくがいい。
だが今年はもうあきらめろ。
美しいものが観られるのはいつだって一瞬なのだ。

「美」の本質は、それが一瞬のものであればあるほど価値が増す。
果かなく、消え去ろうとする瞬間、その瞬間こそ、生命は輝き出すのだ。


次点に天龍寺の紅葉。
e0065456_2142224.jpg

世界遺産ゆえに人が群がっている。醜いものだ。
人間は権威に弱い証拠だ。(かくゆう私もその場にいたのだが)

紅葉評論家の私は、手の届かない紅葉をあまり重視していない。
頭の真上に紅葉があるような、手で触れる位置に存在する紅葉こそ
高い価値があると言っておこう。
[PR]
by _hanako311 | 2007-11-22 20:15 | -----------