カテゴリ:トルストイ( 1 )

e0065456_02947.jpg


登場人物が559人! 



偉大な長編小説であります。







とにかく名前がややこしかった。主人公の名前は、キーリル・ウラジーミロヴィチ・ベズウーホフ伯爵の私生児の一人であるピョートル・キリーロヴィチ・ベズウーホフ

はい、今言った名前をもう一度復唱して!

・・・・・・。無理でしょ?覚えられるはずもない(苦笑)
私は主役はずっとアンドレイ・ニコラーエヴィチ・ボルコンスキィ公爵だと思っていたが違うようです。 
そういえば、「こち亀」という漫画で、大原部長が両さんを真人間にしようと考えて、彼に「戦争と平和」を読ませたことがあります・・・。 
両さんがそれを読み終えたとき、部下の中川くんから感想を求められました・・・ 

ボルコンスキー?誰だ、そいつは?

これが両さんの第一声でした。 かなり笑いましたね。
私も似たようなものです。一生再読はしないでしょう・・
[PR]