カテゴリ:城山三郎( 1 )

e0065456_1836699.jpg



昭和初期、金解禁に命を賭した二人の政治家、浜口雄幸首相と
井上準之助大蔵大臣の実話を小説にしたものです。

2人が行った政策は、結果的には失敗だったかもしれません。

もし、2人のことを、マスコミが記事にするならば、経済を悪化させ
国民を苦しめた政治家として断罪するかもしれない。
2人が凶弾に倒れたのも自業自得だというかもしれない。

マスコミとは、批判精神のみが真実と思い込んでいる生き物です。

必見なのが、日銀総裁から大蔵大臣になって
暗殺されるまでの井上の人生です。

これは政治論の話じゃありません。秀逸な人間ドラマでした。
すべてのビジネスマン必見の書。
 
[PR]
by _hanako311 | 2006-12-23 18:37 | 城山三郎