神の守り人

本誌評価は★★★★☆ 4.5点
e0065456_1749789.jpg

まず守り人とは何か?
それは主人公バルサが誰かを守るという意味がある。
バルサの職業は用心棒。しかしいつも無料で誰かを守っている。
ある意味で働いていない。
彼女はボランティアで守ってばかりいる。今回守る相手は、「神」である。
今回は絶対に守れないだろうという確信はあった。
守るべき相手が絶対に死ぬという予測ができたからだ。
ちなみにこの章は、ドラマにもなっている。
タイトルは「悲しき破壊神」です。
もうすでにタイトルが結末をネタバレしていると言っても過言ではありません。
最初から嫌な予感がバリバリしていました。
今回守るべき相手、アスラという女の子は、死亡フラグが立っていた。
まず彼女は冒頭で大量殺人を犯す。
この時点で彼女の死ぬ確率は急上昇しました。
なぜならば、古今東西、どんな物語にも法則が存在するからです。
それは罪に対する罰が必ず含まれているという法則です。
例えば、敵キャラが改心して主人公に寝返ったとしても
その敵キャラは最後に主人公を守るために自己犠牲で死んだりします。
そして主人公は「あいつは良い奴だった。安らかに眠れ」などと、ほざきます。
これが「罪」を犯した人間に対する「罰」です。
映画、小説、漫画、すべてにおいてこの法則は成立している。
どんなに善人に生まれ変わっても、メチャクチャに人を殺しまくっていた過去があれば
最後の結末は自己犠牲が一番多い。映画「レオン」もそうだ。
e0065456_17533145.jpg

殺し屋稼業の男が改心しても最後はああいう結末になる。
「おまえは実は良い奴だ。しかし罪は償おうね」という法則だ。

従ってアスラも殺されはしないだろうと予測したが
必ず、誰かをかばって死ぬなどの決着になるだろうと思っていた。
一番想像できたバットエンドは、「バカアニキを守って死ぬ」という結末だった。
作者もそれを意識していたのかどうか分からないが
やはりアニキが後半になって危ないことになってくる。
アスラを守ろうとして、逆にてめえがピンチになっている。
ふざんけんなよと当然アスラファンの私はハラハラドキドキとなる。
この時点で作者の思うつぼというわけだ。そして考え抜かれたエンディング。
恐るべし上橋ファンタジー。
アスラが生き残るわけでもなく、死ぬわけでもないという結末は見事です。
あとは読者にお任せというわけです。
あれが精一杯のハッピーエンドでしょう。
神の守り人はファンタジーであるがゆえに
神=アスラ=無敵の存在として描かれることが許されている。
アスラは絶対的な強さを誇り、世界を滅ぼすことも可能な万能の神として描かれている。
また彼女自身は自分の能力を怖いとは思っていない。
罪の意識もない。漫画アキラに登場するテツオみたいに
むしろ覚醒した能力を使うことに酔いしれるようになっていく。このへんが不気味だ。
e0065456_17562171.png

利用されているとはいえ、だんだん彼女が危険な存在になっていく描写が巧い。
可愛いアスラちゃんが狂気の笑みを浮かべながら力を発揮していく。
だからアスラを殺した方が平和を保てるという意見が善人の側からも出てくる。ここが奥深い。
また上橋作品は、ステレオタイプの悪人は存在しない。
バルサと戦う悪役側の行動も読者を納得させる哲学が含まれている。
シハナという女のラスボスも奥深い心理を持っている。
私利私欲や名声のためではなく、己の信念に基づいてアスラを利用しようとする。
ある意味でシハナさんは国を救おうとしている。
アスラという子は、世界を滅ぼす神であると同時に、世界を救う神でもあったわけです。
アスラはナウシカに出てくる巨神兵と同じような存在である。
e0065456_17583643.png

アスラは徹底的に利用される「兵器」として描かれている。
アスラを神さまとして敬おうとする連中
アスラを兵器として利用しようとする連中
アスラを危険分子として抹殺しようとする組織。
そしてアスラを人間として守ろうとする者たち。
1人の少女を中心に悪と善が入り乱れての人間模様。
これは決して子供向けファンタジー小説ではない。
この作品も大変面白い。大人だからこそ読んでもらいたい。
絶望的と知りながら少女を守ろうとするバルサはやはりカッコいい。
[PR]