稀勢の里を立ち合いを嗤う

相撲ファンが注目した昨日の白鵬VS稀勢の里 
このブログで両者の立ち合いを何度か説明してきたが
またもや両者の立ち合いは乱れてしまった。

e0065456_2025649.jpg


世間が注目する一番において
ここまで乱れた立ち合いを何度も見せられたら、相撲ファンはもう怒らない。
怒らずに、嗤う(わらう)だけである。
まずその事実を、稀勢の里本人に伝えておこう。

ではさっそく昨日の立ち合いをふりかえろう。
一部の無知なる若者が「横綱が立たなかった」と批判している。
しかし、そうではないのだ。大相撲の歴史は江戸時代までさかのぼるが
横綱に対する格下力士の立ち合いは、礼儀が伴う。

横綱と対する格下力士は、立ち合い時、両手を手について待つ姿勢を取る。
そして横綱が立った瞬間、格下はそれにあわせて立つべきなのだ。
それが大相撲の長年続いたしきたりであって、伝統なのだ。

(日馬富士と稽古する稀勢の里。血だらけである。)
e0065456_2040618.jpg


相撲の伝統の話をしたが、では稀勢の里の立ち合いはどうだ?

一番よくないのは横綱より、先に立とうとしていることだろう。
この非礼は万死に値する。
少しでも有利な立ち合いをしたいとい下衆な気持ちが見え隠れする。
われわれはいつものことだが彼のエゴイズムに暗澹たる思いをさせられてしまう。

相撲ファンは稀勢の里を応援しつつ、心底では、卑しい力士だと軽蔑していると聞く。
その理由は彼の立ち合いの狡さにあるのだとすぐ推測できる。
碧山に負けたのも、立ち合いの乱れである。
彼が負けるときはいつも立ち合いのミスであることは、
疑いようがない事実であり、誰1人として、その事実を否定できないだろう。

稀勢の里の強さは誰もが認めるところだ。
しかしなぜ卑怯な立ち合いを繰り返すのであろうか?
彼が相撲の神様に愛されない理由は、相撲の文化を冒とくした罰なのではないか?

稀勢の里は横綱キラーと言われるが、肝心な一番では勝てない。
相撲の神様から愛される白鵬と、愛されない稀勢の里。
この事実は実力差だけでは証明できない。
e0065456_2047199.jpg


相撲は勝てばそれでいいのか?

それは違う。

相撲には伝統がある。

文化がある。そして礼儀があるのだ。

(相撲の伝統を軽んじた朝青龍。稀勢の里は同じ道をたどるのか?)
e0065456_2155039.jpg


稀勢の里が横綱に勝てないのは仕方ない。
しかし、正々堂々と戦うことを放棄し
われわれの愛する相撲の伝統を軽視した傍若無人な立ち合いを繰り返す限り
われわれ相撲ファンは、彼に対して嗤うことで応えよう。

稀勢の里は横綱と対戦するときは、両手をしっかり地面について待つ姿勢を取るべきだ。
そして、横綱が立ち上がったらそれに合わせる動きをしなくてはいけない。
それが相撲の伝統なのである。
それが日本の文化である。
それがわれわれ日本人が守るべき礼節なのである。

いつか稀勢の里が日本人の心を持った力士なってくれることを願うばかりである。
横綱白鵬の正々堂々とした立ち合いから学ぶべき点は非常に多いはずだ。

特に、遠藤の横綱白鵬に対する立ち合いは真摯であった。
稀勢の里は新鋭力士から立ち合いを学ぶことを忘れてはいけない。
[PR]
by _hanako311 | 2014-05-23 20:52