稀勢の里は白鵬キラーで相撲人生を終えるのか?

e0065456_22171260.jpg


前回、白鵬に対する稀勢の里の立ち合いの狡さについて投稿し
多くの人々から賛否両論の意見をいただいた。
大抵の方々の意見は、私の意見に賛同をいただいたことに感謝したい。

我々相撲ファンは稀勢の里が嫌いではない。

しかし、彼が横綱に対し、あまりにも無礼な立ち合いが多いために
そのことを指摘させて頂いたしだいである。
それは今場所も改善されなかった。我々はそれが残念でならないのだ。

実力で負けたならば横綱はこんな悔しい顔はしない。
稀勢の里の立ち合いの狡さにまたもや出し抜かれた横綱。
毎場所、両者の対戦は、立ち合いで子供じみた小競り合いを演じている。
e0065456_22222355.jpg


実は横綱との立ち合いで手をついて待たない力士は稀勢の里1人しかいない。
そしてそれが許される風潮、誰も注意しようとしない風潮、
この風潮こそが今の大相撲が礼儀を欠いている元凶なのだ。


たしかに稀勢の里は白鵬キラーだろう。

なぜならば、立ち合いで、「特典」を得ているからだ。
横綱がこんな無様な立ち合いを強いられるのは稀勢の里との一番しかない。

しかしである。稀勢の里の対戦相手が琴奨菊になるとどうなるか?
今度は稀勢の里は立ち合いのハンデをもらえないらしい。
琴奨菊は稀勢の里との対戦では、意地でも最初に手をつかず
必ず、稀勢の里に手をつかせている。


(相性が悪いのではない、単純に琴奨菊よりも実力が下回っているのだ。)
e0065456_2228297.jpg

相撲界の裏事情について我々は知らないが
稀勢の里は横綱からハンデを貰って戦わせてもらえる「特典」があるらしい。
この「特典」は横綱ですら渋々認めざるえない理由があるらしい。
相撲協会の圧力があるのかもしれない。


しかしである。稀勢の里は、他の力士には立ち合いでそのハンデがもらえない。

そもそも稀勢の里は立ち合いで、相手に手をつかせて待たせる形で戦うことに慣れ過ぎている。
そして勝利を得ている。その事実を誰も気が付かない。

横綱が稀勢の里相手にいつも不利な立ち合いをあえて強いられる理由は
日本人待望論という世間の風潮と関係がある。
そして稀勢の里はそれを利用し、立ち合いでハンデをもらい
いつしか横綱キラーと呼ばれるようになった。
しかし、対戦相手が栃煌山や琴奨菊になると、立ち合いで相手に手をついてもらえない。
そうなると並み以下の力士に成り下がるのだ。



稀勢の里がなぜ格下に負けるのか疑問に思っているファンもいると思うが
真相はこの立ち合いにあるのだ。

相撲ファンとして、我々は稀勢の里に一言言いたい。

強くなりたいならば、立ち合いで自ら手を降ろして勝つ方法を覚えろ。

卑怯な立ち合いでその場しのぎの勝利を手に入れてファンにぬか喜びをさせるものではない。

(見慣れすぎた表情。メンタル面の弱さは生まれ変われないと改善されないか?)
e0065456_22303196.jpg


我々は稀勢の里に期待しているからこそ、彼の卑劣な立ち合いについてあえて忠告するものである。

稀勢の里よ
横綱に対し、無礼な立ち合いを繰り返し、横綱キラーと呼ばれて本当に満足なのか?

本当に強くなりたいなら横綱に対する立ち合いを覚えろ。
スタートはそこからだ。

さて、今場所の稀勢の里は例の「特典」を利用し
またもや卑劣な立ち合いで横綱から白星を得たが
「特典」がもらえない力士にはあっけなく敗れる失態を演じた。

これでも来場所は綱取りが続いていると言われている。
すなわち優勝すれば横綱昇進らしい。
これだけの「恩恵」を得ているのだから
日本人横綱待望論を願う頭の弱い大相撲ファンのためにも是非頑張ってもらいたい。
我々も改心した稀勢の里ならば、無条件で応援したい。
がんばれ。稀勢の里。
[PR]
by _hanako311 | 2013-07-21 22:33 | -----------